お薦めのアプリ iBooksアプリ

私はアップルのiBooksをお薦めしたいと思います。iBooksアプリは、iPhone、iPad、iPod touch等に特化した、電子書籍のアプリです。お値段は無料です。電子書籍は、これからの読書スタイルとして、徐々に普及しつつあります。電子書籍元年と呼ばれたのは2010年、その後の4年間でだいぶインフラが整ってきました。楽天などの大手企業も次々に参入してきました。

このアプリの特徴は漫画や小説、PDFをディスプレイで綺麗に読むことができることにあります。電子書籍の普通の紙書籍と違う点は、紙に印刷せず、コンテンツをディスプレイで読む、という点にあります。近年読書に対する関心も薄れ、本も売れなくなっていると聞きますが、面白いコンテンツに対する関心が本当に薄れたとは思いません。漫画や小説をiPadのディスプレイで読むのは、なかなか楽しい読書体験になります。

ちなみにiBooks storeではアルベール・カミュの古典的名作「異邦人」の日本語訳が440円で販売されています。手塚治虫の「ブラック・ジャック」は330円です。これは紙の文庫本とだいたい同じ値段ですが、読みたいと思った瞬間にダウンロードできて、国外でも時間も関係なく入手できるという点は、電子書籍の優れた部分だと思います。紙ではなくデータなので、場所も取らず、要らなくなっても燃やす必要も無く、環境にもやさしいと思います。もちろん電子書籍の歴史はせいぜいここ数十年ですので、グーテンベルグの発明した活版印刷の紙の本と比べるとまだまだ未成熟で、発展途上であり、これからどんどん新しいスタイルの読み方が出てくるでしょう。今の電子書籍は紙の書籍をシュミレーションした、1ページごとのページめくりになっていますが、それすら違ったものになるかもしれません。一部ではスクロールだけで読む漫画なども登場していると聞きます。

自分で書籍を出版したり情報を発信したいと思っている人にも、電子書籍は優れたツールになるでしょう。これまでの紙書籍の自費出版はかなり高額でしたが、電子書籍はかなりリーズナブルに自己出版が可能です。多少のプログラミングの知識があれば、Epub等の国際規格のアプリを自分で制作、販売することも可能です。これらの可能性を視野に入れ、iBooksアプリをお薦めしたいと思います。

https://itunes.apple.com/jp/book/yi-bang-ren/id908672435?l=en&mt=11
https://www.apple.com/jp/support/ios/ibooks/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です