iPhoneはカメラ自体の性能もさることながら、写真加工アプリが非常に充実しています。
Twitterなどで簡単に画像を投稿でき大勢で共有できるSNSが多くあり、そのためにより美しく写真を撮影したいと考える人も多いです。
そのため、写真加工アプリはiPhoneユーザーの多くに入っているかもしれません。

その中でもInstagramというアプリは、世界中で流行しました。
Instagramは写真の加工の美しさもさることながら、独自のSNSを展開し、画像共有という意味で最先端のシステムを組み上げました。
写真の加工もSNSで共有することを前提となっており、画像サイズも小さめに抑えているというのも特徴です。

最近では写真だけでなく、動画の加工アプリも流行しています。
写真のようにちょっとレトロなものにしたりと、なかなかよくできています。
Instagramも写真だけでなく、動画にも対応されるようになっています。
動画の加工は、写真の加工以上にパワーを使います。
それに耐えられるようなCPUを持ったiPhoneが登場した、というのも、こういった動画加工アプリが誕生している理由かもしれません。

日本ではプリクラが大流行しました。
写真を撮るだけではなく、そこに落書きをするというのが流行のポイントだと思います。
写真加工アプリも、色調などを変化させるだけでなく、そこに落書きができるようなアプリも多いです。
顔のところをスタンプで隠せるようにしたり、プリクラのように目を大きく加工できるようなものまであります。
このあたりは、特徴としましてはやはりTwitterなどSNSに投稿し、多くの人の目に触れることを前提にiPhoneで写真を撮影する人が多いことの現れかもしれません。

写真加工は、最近は専用のアプリをいれなくても、iPhone自体で、またはTwitterアプリでもできるようになりました。
撮影の段階でさまざまな色調をチェックできる機能までついています。
それだけ写真加工に対する潜在的な需要があるということなのでしょう。
よりコアな写真加工をしたい人のために、PhotoShopといった有名な加工ソフトもiOS版で存在しています。
iPhone自体のCPUもかなり高性能になっているため、これまでできなかったような加工も、今後できるようになってくるかもしれませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*