子供が小さいと、家事がなかなか思うように進まず、家事をするときだけは、幼児向けの知育アプリをさせています。知育アプリは山のようにあり、検索をかけてはより良いものを探していました。どれも、そこそこ遊ぶのですが、なかなか「これだ!」というアプリには出会えませんでした。

そんなときに、ママ友から教えてもらったアプリが「Mr.shapeのタッチカード」でした。

このアプリは、まず、子供の食いつきが違いました。ずっと爆笑しながら遊んでいるのです。あまりに楽しそうなので、私も一緒にやってみると、「確かにこれは面白い!」とうならされました。こちらのアプリは、説明は必要ありません。子供が自由にカードを選び、選んだモノで自由に遊べます。

例えば、「りんご」だと、タッチすると半分に割れた状態になります。真っ赤なりんごの中身は白いんだぁと学習できます。面白いのは、ただ、真っ二つに割れるだけでなく、虫が食っていたりするのです。何度もタッチしていると、りんごが小さくなっていき、りんごの芯になり、最後に虫が残って、その虫もつついて遊べたりします。そういうオマケのようなところにクスッと笑ってしまいます。一筋縄ではいかないところが面白いです。

初期状態で遊べるカードが9種類です。カードは9種類で1セットで追加購入出来ます。うちでは4セット分、全て追加購入してしまいました。そのくらい面白くてハマるアプリです。

私なりに、このアプリの素晴らしさについて考えてみました。

まず、イラストの色使いが素晴らしいです。小さな子供は、原色などのはっきりとした色を好みます。よく、育児書にも、原色の方が脳の発達に良い、というようなことが書いてあります。子供に初めて色を教えるときに、「赤」「青」などのようなはっきりとした原色から教えますから、子供は自然とそういう色を好むのだと思います。このアプリのイラストは、鮮やかなブルーを背景に、様々なイラストが、はっきりと見分けられる色を使って描かれてますので、脳を刺激される気がします。子供はその絵をしっかり頭に焼き付けることが出来るのではないかと思います。

次に、イラストの素材が素晴らしいです。子供が興味を持つものがよく分かっているなぁと思えるセレクションです。「さかな」「ぶどう」「とうもろこし」「ラッパ」「くるま」などがあります。幼児が知っているものばかりが集まっています。その知っているものが、タッチするごとに変身したり、動いたりするので、そのモノに対する興味が沸いてきます。

最後に、サウンドが素晴らしいです。軽快なBGMも良いですし、効果音が本格的です。モノをタッチすることによって、水が流れる音、車のクラクションの音、ドラムの音など、モノがどんな音を出すか学ぶことができます。たまに、へんてこな音が鳴ることで子供が大笑いします。子供っていろんな音に敏感なんだなぁと思います。

ちなみに、モノの名前がひらがなで書いてあるのですが、英語に変えることもでき、しかも発音までしてくれるので、英語の勉強にもなります。

このアプリは、最近、ずっと追加カードが更新されないので、更新を楽しみに待っている状況です。とりあえず、現時点では、このアプリは幼児のお子様をもつお母様方に最もオススメしたいアプリです

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*