幼稚園に入った頃から「1+1」などから始まって算数が好きになった子供のために、アプリをダウンロードしました。当初の名前は「さんすうにんじゃ」といい、現在はアップデートされて「plusminus」という表記になっています。このアプリは算数の修行忍者となって、敵の子分や定期的に現れる親分を計算問題で倒していくというものです。回答は三択で行います。

最初の親分までは無料で体験できるので、しばらくはそれだけをやっていましたが、数百円で後のレベルがすべて開放されるので、購入しました。敵がつよくなってくると、繰り上がりのある計算も出てきて、最初のうちは答えが分からず悔しくて泣いていましたが、年齢があがり、また何度も挑戦するうちに分かってきたようで、ぐんぐん進んでいきました。年中の夏頃には1年生の算数の問題を理解してしまいました。

回答を間違えると、おにぎりの絵が出てきて、数えて確認できるようになっています。このおにぎりの並び方が単純に並んでいるだけなので、繰り上がりの計算であれば、10のお弁当箱の絵の中に入れるなどして10になると繰り上がるという概念を可視化してくれたらもっといいのになと思っていました。そう思う時期もあっという間に過ぎてしまったのですけれども。

このさんすう忍者、毎日カードが届きます。これが、子供にとってはトレカや某アニメのメダル的な役割を果たしてくれたようで、アプリを開くのを楽しみにしていました。

また、レベルをクリアしたり、ボスを倒すとレアカードというキラキラしているカードがもらえます。アプリ内でのカードではありますが、ずらっと並べることに満足感があったようです。また、まだ手に入っていないカードは黒い影になっているので、それを手に入れるためにもがんばってクリアしようという気持ちが沸いたようでした。

今はレベルが進んで8+□=19などの虫食い問題が出てきていますが、順調に理解しています。ゲームって世間ではよくないものとされてしまいますが、子供が楽しんで勉強できる良いものもあるので、子供に合ったものがあればどんどん取り入れていこうと思いました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*