仕事柄、住所ひとつでどこへでも行かなければならない私にとって必須のiphoneアプリは、乗換案内とマップです。
どちらも初めから入っているアプリなのでみなさんご存知だと思いますが、ほんとに便利なアプリです。

まず、乗換案内で電車のルートを調べます。今では当たり前の機能ですが、ほんの10年前まではみんな地下鉄の路線図や鉄道の路線図を持っていて、地下鉄の路線図が頭に入っているような人はほんとに重宝されたのです。
その人に聞けば「何とか駅で乗り換えて、進行方向一番前に乗って、何とか駅で降りるんだよ」などと教えてくれたものです。しかし今は乗換案内で一発です。便利なのはやはり到着時刻から出発時刻を計算してくれるところですね。
これがあると「早く着きすぎた」なんてこともなくなりますし、逆に「絶対遅れたくないので余裕をもって着いておきたい」という場合も簡単に時間が読めます。また、最短時間や最安値を知ることができるのも便利ですね。急いでいるときはもちろん最短時間のルートを取りますが、あまり急いでいない時や経費節減したいときに安いルートでのんびり行く、なんてことも楽々できてしまいます。

電車で目的地に着いたらマップです。iphoneのマップは一時「ガンダム駅」などが出てひどいことになっていましたが、今はちゃんと機能しています。ただ目的地が出ない場合があるので私はグーグルマップと併用しています。
使い初めの頃は使い方がわからず、それほどの便利さを感じていなかったのですが、「矢印ボタンを押して進む方向を確認する」という基本的な使い方を教えてもらってからは格段に便利になりました。

住所ひとつで道案内までしてくれる、これはもう歩くカーナビと言ってもいいのではないかと思っております。

最近は仕事で使うだけでなく、娘と自転車で出かけるときに娘に持たせ、ナビをしてもらいながら走る、という使い方をしております。まだ行ったことのない公園をiphoneで探しながら自転車をこぐのもまた楽しいものです。

マップはまだ完全に使いこなしているというレベルではないので、もう少し慣れてくるともっと便利に使えるのではないかと思っています。

乗換案内とマップは外回りで仕事をするときには必須アプリですが、プライベートでのお出かけや、遠出、そして初めて行く場所に出かける際にも強い味方になるアプリです。"></span>

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*